お知らせです。
コラムラテでもシンガポールに関する記事を書いています。
こちらもどうぞよろしくお願いします。


タンジョンパガー地区にある、この斬新なデザインの巨大ビル群。
 
pinnalce@duxton2 

名前はPinnacle@Duxton、コンドミニアムのような雰囲気ですが、これでも公営住宅です。
増え続ける人口に対応するため、高層化とデザイン性などが考慮された次世代型の公営住宅として、2009年に建てられました。

50階建てのこの建物、住人でなくても屋上のスカイブリッジまで上ることができます。


というわけで実際に行ってみました。

場所は
1 Cantonment Rd, Pinnacle@Duxton 50/L, Singapore 080001

pinnacle@duxton

ビジター向けの入口は分かりにくいですが、ブロックGのCantonment Road側にあります。

入口にある機械で、Ez linkカードを使って5ドル分払うらしいんですが、今回行ったときは機械が壊れていて、守衛さんに現金で5ドル払いました。

で、指定されたリフトで50階へ。
普段は、屋外に出るゲートでまたEz linkカードをかざしてロックを解除するらしいんですが、今回はカードが使えないので、防犯カメラを見上げて1階の守衛さんに合図を送った後、ゲート前でロックが解除されるのを待ちます。
これがなかなかうまくいかなかった・・・

なんとか外に出ると、こんな景色が広がっていました。

pinnacle@duxton1
シンガポール港のコンテナターミナル。
世界第2位のコンテナ取扱量を誇ります(2013年)。


pinnacle@duxton5
シェントンウェイの高層ビル群。
世界第4位の金融センター(2014年)を象徴する光景です。


pinnacle@duxton6
オレンジの屋根はタンジョンパガーやチャイナタウンのショップハウス群。
一軒家が連なった形の、昔ながらの建物です。
こういうの↓
image



pinnacle@duxton8
ヘイズでかすんでいましたが、遠くにはセントーサ島、VivoCity、セントーサとハーバーフロントを結ぶケーブルカーなどが見えます。

オーチャードも見えるらしいですが、ヘイズのためによく見えず。
景色を堪能したいなら、行く前にヘイズ指数を確認しといたほうがいいです。

動画
http://youtu.be/vb0YyZAODPA 



pinnacle@duxton7
HDBとは思えないきれいな庭園。

庶民の住宅・HDBの内部に潜入、という感じはあまりないですね。
コンドとなんら変わりません。

ちなみに普通のHDBってこんな感じですよ。
image
全然違います。 


屋上は案外広いです。
歩いてまわりながら、シンガポール中心部の景色を一望できます。
高いところから景色を眺める系って、マリーナベイサンズをはじめ多数ありますが、ここもなかなかいい眺めですよ。
これが5ドルで見られるんですからね。